クルマ サーファーにオススメ 日記

カーキャリアを購入するにあたって調べた事。安く手に入った理由も!

更新日:

どうもSHILOHです。
子供が産まれたことをきっかけに、
車内のスペースが手狭になってきた!
もともと購入しようかと思ってたが、
タイミングを見計らってた!

って人に向けて、
カーキャリアについて調べたことを
まとめていきます!

・まずカーキャリアの構成って?

カーキャリアってのは、
ベースラックと呼ばれる、バー。
バー
そして、車とバーを固定するステー(フット)。
フット

この二つが組合わさりこのように、

ベースキャリアになります。
ベースキャリア
そして、
このベースキャリアに、
サーフボード、スノーボード、
サイクリングアタッチメントや、ルーフボックス、

サーフ

スノー
サイクル
などこのように取り付けるという装備が基本です。

・カーキャリアを作っているメーカーって??

・THULE(スーリー)
・INNO(イノー)
・TERZO(テルッツオ)

この3社です。

ネットで調べまくりましたが、この3社のみの生産になります。
ですからこの3社の内から選ぶことになりますね。

なのでカーキャリア選びにおいて、
最も大事なベースキャリアはこのうちの
3社から選ばなければいけません。

・それぞれのメーカーの特徴とは?

・THULE(スーリー)

こちらはスウェーデンのカーキャリアメーカー。
カーキャリアのTOPブランド。
外車から国産車まで様々な車種に対応。
(ただし軽自動車には弱い。)
ベースキャリアの取り付けは、
他の2社より簡単な模様。
アタッチメントの種類が多い。

 

・INNO(イノー)

こちらは安心の日本ブランド。
日本ブランドといっても、
THULEの後発商品をリーズナブルな価格で
提供するといった模様。
(決して安物という意味ではありません!)
THULEのベースバーとサイズも同じ寸法の為、
互換性があるみたいです。
(製品により異なる場合があるみたい)

 

・TERZO(テルッツオ)

こちらも日本のブランドになります。
イノーと違い国産車をメインにした
開発を進めているらしく、
軽自動車対応のベースキャリアも発売。
ただし、テルッツオだけ
ベースバーのサイズが異なり、
アタッチメントもテルッツオの物のみ
適合するとの事。

 

 

というのが、
3社の特徴です。
基本的なアタッチメントは
それぞれのメーカーも似たようなラインナップ。
基本的に、アタッチメントを取り付ける場合、
同じブランドで揃えるのがいいみたいです。

 

と言っても、
僕みたいにサーフボードメインで、
外積みする場合は
アタッチメントを付けないでも、
ハードケースにタイダウンベルトで固定で
十分対応できると思いますが、
ルーフボックスなど考えている方は
しっかり考慮した方がいいみたいですよ!

・で、どのカーキャリアにしたか?とその理由を3つ。

僕はベースキャリアを
何処のやつにしたかというと。
はいTHULEです。
理由としましては、

まず3社とも高さが立体駐車場に
対応していない高さで、
毎回毎回取り外ししなければならなかったので、
取り付けのし易さを最重視した為。

次に僕が乗っているTOYOTA社の純正品が
THULEだった為。
(何よりの安心感)

そして最後の理由は、
友達が安く仕入れれる環境にあった為。

最後の理由はただただラッキーな話ですが、
運送屋とかの友達がいてる人はダメ元で聞いてみては
いかがでしょうか?部品関係は結構融通効くみたいですよ!
僕は3割程安くなりましたので

とまとめてみましたが、
ネットでの最安値も載っけておきますので、
よければお役立てください。

・カーキャリアを最安値で調べてみる!

以下に、それぞれ3社のベースキャリアを構成する
ベースバーとフット
(ルーフレールがあるタイプと、
ルーフレールが無いタイプ)を
ピックアップしておきます。

最安値を載せておきますが、
適合はそれぞれの上記オフィシャルサイトから
お調べ下さい!

・THULE スーリー ベースバー

-クルマ, サーファーにオススメ, 日記

Copyright© SHILOHS-BASE. , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.